赤ちゃんのはんこ・手彫り印鑑の山下弘栄堂へ 

HOME >ハンコ入門 > 書体について

印鑑の書体について

書体の説明

篆書体
てんしょたい
書体の中で最も古いものであり、文字の基本となるものです。身近なところでは、一万円札にも使われています。一般的に実印に限らずどの印鑑にも適した書体です。

てんしょたい

隷書体
隷書体
秦の時代に作られた書体で、篆書を簡略化したもので、偏平で角張っていますが、やわらかな印象をあたえ読みやすい書体です。

れいしょたい

古印体
古印体
隷書体に丸みを持たせ、日本で独自に作られた味わい深い書体です。鋳造によって生じた線の区切れが独自の味わいをなしています。

こいんたい

楷書体
楷書体
日常生活においてよく使われているひたしみやすい書体です。読みやすく認印などに適します。

かいしょたい

行書体
行書体
楷書体を崩して書きやすくした書体で、簡潔で流麗、なめらかで力強い筆運びが特徴、特に女性の方に人気がある書体です。

ぎょうしょたい

印相体
印相体
吉相体とも言われ、篆書を元に占いの要素を取り入れた新しい書体です。文字が読みにくいのが難点ですが、印象が柔らかく近年好まれて使われる書体です。訪問販売や新聞広告で目にする書体はほとんどこの書体です。

いんそうたい


はんこ入門トップへ

関連項目

はんこ入門



通商産業省認定事業者